ついにワイン会の日がやってきました。
3/28 19:00 この時間がとても待ち遠しかったです。
今回から場所を天神のグランアワーズに移して開催です。

グランアワーズは西鉄天神駅から国体道路を西にアップルストアの方へ歩いて、その途中にあります。
国体通りに面したお店はクアンティックという名前ですが、同じ系列店が1階奥にあり、そこがグランアワーズです。

初めての場所は毎回そうですが、参加者4人でスタートしました。

「楽しく飲んで、美味しく食べて元気に!」乾杯!

今回のソムリエはグランアワーズ 野村大智さんです。
ワインの料理のペアリングに力をいれてもらいました。

最初のワインは、泡。
夏ミカンジュースのようなイメージ
ブドウ品種は果実でも食べられる「デラウェア」
とってもさわやかで、料理のスタートを切るにはもってこいのワインです。

発泡性のある日本の山形県のワインです。
ワインのラベル エチケットはこちら。
日本っぽいですね。

合わせていただく料理はこちら。
スプーンに白桃のくずもちみたいなものと
白い器に入ったコーン味の白いクリームです。

次は白ワイン。
ここから野村ソムリエからの演出で、
ブラインドティスティングが始まりました。
みなさん、白いオシボリを背にグラスを傾けて色を確かめたり、
香りを試したり、一口飲んでみたり、
どの品種かな~、どこの地域のかな~と楽しんでいます。

色は薄めの黄色
香りはとても高貴な感じです。
グレープフルーツという声もあがります。
私には、晩白柚(ばんぺいゆ)を想像しました。
ザボンでもなく、大きいけど中の身は小さく、とても高貴な香りがするからです。
とにかく、香りが半端ないです。
普段はシャルドネとかしか飲まないので、慣れてしまってて、香りの高貴さに驚きました。
白ワインの香りを(悪い意味ではなく普通に)猫のおしっことか表現したりすることもあるのですが、
このワインは、そんな香りはまったくしません。

この白ワインの正解は、ニュージーランド産 ソービニヨンブランでした。
ビラマリア。香りを楽しめるワインでした。
このワインに合わせる料理が届きました。

カルパッチョがとてもおいしく、参加者が絶妙の味付けがされているのに気づき、
ソムリエに聞いてみると、企業秘密とのことで教えていただけませんでした。
他には揚巻貝など、それぞれビラマリアとの相性を楽しみながらいただきました。
ワインと刺身ですが、ぜんぜん邪魔しないんですね。
中央のグラスがさかさまにかぶせてあるのは、瞬間燻製で煙が入っていて、中に小さなイカが入っていました。
燻製の香りがとてもよく、部屋にいながら焚火料理をいただいているようでした。

続いてのワインは白ワイン。
またまたブラインドテイスティングです。
この白ワインの香りにもびっくりです!
白ワインなのにバタークリームのような香りがします。
クリーミーです。下記に見ての通り、薄い黄色の透明色ですが、
クリーミーな芳香が強くします。
プラリネ、香ばしく、ミルキーな、キャラメルのような香り。
ソムリエは火打ち石とも言われていました。

カルパッチョとよく合います。
カルパッチョにはシナモンが入っているような・・・
みんな、先ほどの料理とこのワインが合うか、探りながら楽しんでます。

この白ワインの正体はシャブリです!
11年ものです。
自宅の冷蔵庫にあったシャブリと大違いなのにびっくりです。
このシャブリは、酸味が取れてしまっていて、
まろやかさがどんどん前面に出てきてます。
5年以上たつと酸味が抜けるのだそうです。

それにしても香り高さに感激です。すごくいい香りです。
野村ソムリエがワインのペアリングに全力投球してくれていることを感じます。
後でクアンティックの大串社長にお話ししたところ、
グランアワーズのメンバーは、「ワインを好きな方には全力投球するメンバーばかりです」とのことでした。

4人で記念撮影。

次のワインも白ワイン。
香りが一転します。
色はとても濃い黄色~茶色。琥珀色。色はすごいです。
香りはオークのような、酒精強化ワインのような。
なんと表現したらいいか、表現の言葉が見つからない、とにかく強い香りです。
オーク樽で寝かせたような、
味はふわっと消える感じです。
皆さんのいろんな評価が出ます。

正解は、アルザス地方のリースリングでした。
これもびっくりです。

重油のような香りの正体はぺトロール香。このワインは19年前のものだそうです。
※後で調べてみましたが、
リリースされて2, 3年以内の、まだ若々しさが残ったリースリング、つまり市場に出回っている大抵のリースリングに、リンゴ、桃、アプリコット、白い花やパイナップル、バナナに香草を感じても、あからさまに鉱物を思わせる香りは稀ですが、熟成して果実味が枯れつつあるリースリングにペトロール香を感じることはあるそうです。

このワインに合わせる料理は、ホタテを揚げたものと、さわらのような白身魚を濃いコンソメソースでいただく料理です。
このリースリングに濃いコンソメソースはよく合います。

ここで、参加者の松田氏から提案、
オリーブオイルにパルメザンチーズを混ぜてパンにつけて食べると美味しいとのことで、
パルメザンを持ってきてもらい、試してみました。
こくが出て美味しかったです。

続いて、赤ワインの登場です。
テイスティングでのみんなの評価は、
メルロー?
ソービニヨン60%ピノノワール40%?
みんなで推測します。
後味はすっきりとしています。

正解は、ボルドー右岸 ポムロール地区
ソービニヨン10%メルロー90%
ちょっと苦みがあり、あと10年たてば苦みも消えるそうです。
ブドウ品種の配合割合まで推測するのも楽しいですね。

このワインに合わせる料理は、和牛を使って、ウニを載せたものとや、右の温玉を添えたものはすき焼き味です。
上の方は、春野菜のフリット、塩をつけて食べます。油が多いのでタンニンの多いワインがよく合うそうです。

料理がおいしいな~
赤ワインの香りが好きで、
料理もおいしくとってもいい会だと思います。

次はシャンパン。
泡が一番下から一筋になって上がってきているのが見えますか?
ちょっと見えにくいですね。あがっていく様子がとても面白いです。

マムのシャンパン
マムはF1のシャンパンファイトで使われていました。

合わせる料理は、春野菜とパンチェッタと菜の花のパスタです。
黒コショウが強めのペペロンチーニで、泡によく合います。
シャンパンの泡でリユレッシュできます。

次は極甘ワイン。デザートワインです。

デザートはイチゴのブラン・マンジェを中に入れたアイス。コーヒーもいただきます。

今回登場した7種のワイン。

美味しいワインと料理に会話も弾み、とても楽しいワイン会になりました。
写真中央が野村ソムリエ、暗くて見えにくですが、かっこいい方です。(すみません!画像調整できませんでした。)

グランアワーズ

西鉄までの帰り道、警固公園のチューリップ。

次回は、4月25日(木)19時~ グランアワーズ

お楽しみに!

 

******************************************************************
ご案内時の内容は下記の通りでした。

今回から場所を変えて開催します。
開催第1回目、ソムリエも変わり、どきどきですが、
ワインと料理とマリアージュを楽しみたいと思います。

1.開催日:H31年3月28日(木)19:00~21:00

2.場所 『GRAND HOURS(グランアワーズ)

住所: 福岡市中央区天神2-3-33
アクセス: 西鉄福岡(天神)駅より徒歩2分
※国体道路沿いのクアンティックの1階を通って奥の方からも入れますし、もしくはそのビルの裏側の道路からも入れます。
TEL : 092-717-7780

グランアワーズの正面玄関

3.内容 「楽しく飲んで、美味しく食べて元気に!」

料理長お勧めの料理と、料理に合うソムリエセレクションのワイン
※都合により、一部変更になることもございます。ご了承下さい。

ソムリエよるワインの説明を聞きながら、
ワインをいただくのは、とても楽しいです。
★料理とワインの内容は調整中です。

<料理の予定>
アミューズ (泡)
前菜(白ワイン)
魚料理(白ワイン)
肉料理(赤ワイン)
デザート(甘口)
コーヒー・紅茶

4.会費 10,000円(税・サービス料込)

会費はレストランで直接お支払ください。レストランから領収書をもらえます。

5.申込 参加のお申し込みは3月22日(金)までに岡本までご連絡ください。

連絡先:タスクサポート㈱ TEL:092-555-2873(常時転送でつながります) 担当者:岡本健一

なお、締切日以降のキャンセルにつきましてはキャンセル料がかかる場合が ありますので予めご了解ください。

※WILINKワイン会は、会員のみで開催しております。入会やワイン会へご参加される場合は、主催者岡本までメールにてご連絡ください。
お申し込み後確認のため折り返し岡本より連絡致します。

※ワイリンクは入会金・月会費はございません。参加される会の飲食代のみレストランへお支払いいただくのみです。